Skip to content

慰謝料はどんな状態に請求できる?

言葉の暴力次に、慰謝料が請求できるか否かの分岐点はどこにあるのかという点について説明します。まず覚えておかなければならないことは、全ての離婚において慰謝料が請求できるとは限らないということです。離婚に至るまでの原因は何だったのか、またその原因が当事者の心にどのような害を及ぼしたのかによって、慰謝料が発生するか否かが決まります。具体的にどのようなケースならば慰謝料を請求できるのかというと、相手が浮気や不倫をしていたというケース、身体的あるいは精神的な暴力を受けていたというケース、悪意の遺棄を受けたケース、婚姻を継続しがたい重大な理由があるというケースが挙げられます。基本的には、相手に一方的な原因がある場合においては慰謝料の請求が通ることが多いです。不倫をしている、暴力を振るわれているといった場合はまさに離婚につながる原因であるため、慰謝料の請求ができるというわけですね。

実際には、これらの原因を裏付けられるだけの証拠を揃える必要もありますので、絶対に慰謝料を取れるというわけでもありません。証拠が揃えられなかった場合には認められないこともありますので注意しましょう。証拠の集め方については、弁護士に相談してみることをおすすめします。