Skip to content

弁護士に相談して離婚を有利に進めよう

慰謝料
画像出典元 <アディーレ:弁護士費用>

離婚をする時には弁護士に相談をするメリットは、離婚を有利に進められる点にあります。弁護士ができることを具体的に挙げていくと、協議離婚の交渉と離婚調停の代理人、離婚訴訟の代理人ということになりますが、これだけではよく分からないと思いますので、もう少し細部まで見ていきましょう。

協議離婚の交渉は、本人の代理として、代わりに交渉をしてくれることを指します。実際の協議離婚では相手方も弁護士を代理人とするケースがありますが、その場合、交渉にあたって高度な法律的知識を要することになります。一方的にこちらが不利になるように離婚を進められてしまうことを防ぐためにも、協議離婚の交渉には代理人を立てるべきです。次に離婚調停の代理人についてですが、こちらは法務の知識を要する調停申立書の作成、申し立て手続き、裁判所との連絡になど、離婚調停に必要となる事務仕事全般を請け負ってくれることになります。最後に離婚訴訟の代理人についてですが、こちらは実際に裁判をする上で本人を守ってもらうことが可能です。裁判を有利に進めるためにも、弁護士への依頼が必須です。

このように、離婚において弁護士に依頼をすると、離婚の条件を有利に進めることが可能となります。少しでも多くの慰謝料を取りたい、あるいは親権を獲得したい、養育費などのお金のトラブルを予防したいといった場合には、弁護士に相談をすると話し合いを有利に進められますので、まずは相談から始めてみることをおすすめします。